人生のマネープランについて

私が自分の人生のマネープランについて考え始めたのは、まだ20代の前半だったと思います。
若いころから、老後の年金だとか、老後のたくわえだとかいったことを考える人は、あまりいないと思います。
特に若いうちは、まだまだ自分は若いんだから、年を取ったときのことなど、正直言って考えられないという人がほとんどだと思います。
あるいは、女性なら特に、結婚したら今の生活環境はまるっきり変わるのだし、今からマネープランなんて立てられないと思うことでしょう。
私の場合、若いうちから結婚しないと決めていたので、早めにマネープランが出来上がったのだと思います。
そして、今、そのマネープランは、人生の折り返し地点とされる年に来て、ちょっと躓き気味です。
というのも、株式や投資信託の運用成績がパッとしないためです。
けれど、これから先、まだもう少し時間がありますから、老後を見据えてはじめた私のマネープランが、どこかで修正されることを願っています。